THREEZERO BLOG JP

レビュー

レザーフェイスの製品版写真

ホラームービーヘリテージ, レザーフェイス, レビューJapan Admin

『悪魔のいけにえ』は1974年のアメリカのホラー映画(監督:トビー・フーパー、脚本:キム・ヘンケル)です。
劇中、友人同士で旅をしている一行が、古い農場に住まう食人鬼の一家に捉えられ、その餌食となる様子を描きます。
当時、これは実話に基づく物語との触れ込みで公開されたものの、実のところそれはより多くの観客をあつめるためおよび政治への巧みな風刺を意図するための宣伝文句に過ぎず、作品は完全なるフィクションです。
ですが、レザーフェイスのキャラクターおよび細部のプロットに関しては、エド・ゲインによる実際に起こった犯罪からインスピレーションを得ているとのことです。
『悪魔のいけにえ』は1975年のカンヌ国際映画祭の「監督週間」およびロンドン映画祭でも上映。
1976年にはフランスのAvoriaz Fantastic Film FestivalにてJury Prizeを受賞し、そのころからホラー映画の名作として世界的に知られるようになりました。
1990年にはHorror Hall of Fameに殿堂入りし、フーバー監督もこれを受諾。
現在はニューヨーク近代美術館の常設展の一部となっています。
最近では、オンライン雑誌Consequence of Soundにて歴代最も怖い映画2018に、そして雑誌Esquireではベストホラー映画2018に選出されています。

threezero製の1/6スケール「レザーフェイス」フィギュアの仕様詳細はこちらの記事ご参照ください。
レザーフェイスは現在threezero公式サイトでは受注を締め切っており、出荷作業中です。
これからお求めの方は、一部の小売店ではまだ取り扱い中のところがあるかもしれません。
以下、製品版を用いた美麗レビュー写真の数々をご紹介!

【Jingobellさんの写真】

【Dick Poさんの写真】

【AJさんの写真】

1/6 ビッグダディ&リトルシスターの製品版写真

バイオショック, ビッグダディ&リトルシスター, レビューJapan Admin

「バイオショック - 1/6 ビッグダディ&リトルシスター」の製品版を用いた美麗レビュー写真の数々をご紹介!
商品仕様詳細はこちらの記事をご参照ください。
バイオショック - 1/6 ビッグダディ&リトルシスターは現在threezero公式サイトでは受注を締め切っており、出荷作業中です。
これからお求めの方は、一部の小売店ではまだ取り扱い中のところがあるかもしれません。

【Dick Poさんによる写真】

【AJさんによる写真】

1/6ソウル・グッドマンの商品版画像

ブレイキング・バッド, ソウル・グッドマン, レビューJapan Admin

1/6スケールフィギュア「ブレイキングバッド - ソウル・グッドマン」の最終出荷版を用いた美麗レビュー写真の数々をご紹介!
商品仕様詳細はこちらの記事をご参照ください。
ブレイキングバッド - ソウル・グッドマンは現在threezero公式サイトでは受注を締め切っており、出荷作業中です。
これからお求めの方は、一部の小売店ではまだ取り扱い中のところがあるかもしれません。

【Dick Poさんによる製品写真】

【AJさんによる製品写真】

【Siupingさんによる製品写真】

1/6ダリル・ディクソンの商品版画像

ウォーキング・デッド, ダリル・ディクソン, レビューJapan Admin

2010年に放送が開始されるや瞬く間に世界中で話題騒然となったTVシリーズ『ウォーキング・デッド』(原作: Robert Kirkman著、Image Comics出版のコミック)は、歩く死体が蔓延る、文明崩壊後のアメリカを描いた作品。
元保安官である主人公のリック率いる生き残りのグループの一員であるダリルは、クロスボウの使い手で、寡黙ながらも熱いハートを秘めた戦士です。
フィギュアは1/6スケールでダリルの劇中の姿を緻密に再現。
全高は約30cmで、衣装には布・合皮を使用。}肘関節には、見た目と可動を両立するシームレスジョイント式を採用。
クロスボウ、ピストル、ナイフといった武器の他、布製のポンチョも付属します。
フィギュアの詳細仕様はこちらの記事をご参照ください。

ダリルのフィギュアは現在threezero公式サイトでは受注を締め切っており、出荷作業中です。
これからお求めの方は、一部の小売店ではまだ取り扱い中のところがあるかもしれません。

以下、製品版フィギュアを用いたレビュー写真のご紹介です。

【Dick Poさんによる製品写真】

【Jingobellさんによる製品写真】

【AJさんによる製品写真】

【小丙さんによる製品写真】

早稻 - 鴉牙(ツァオ・ダオ - クロウティース)のレビュー写真ご紹介

ツァオ・ダオ, クロウティース, レビューJapan Admin

早稻(ツァオ・ダオ)は、中国開平市郊外在住の女性アーティストです。
このペンネームは、若い稲の実る月である彼女の誕生月に由来します。
そのイラストは鉛筆、ペン、そして水彩で描かれ、彼女の幼少期からの経験によって中国の伝統的な表現方法と現代的な中国の漫画「マンホア」のスタイルが表れています。
作品には、自由を求める野生動物や、小さなモンスターがしばしば描かれています。
絵を描くことはツァオ・ダオにとって子供の頃から人生の一部であり、息をするのと同じくらい欠かすことの出来ない日々の活動とのことです。

クロウティース(鴉牙)は、彼女のデビュー作である画集/コミック『ソング・オブ・サリバン(松風)』に登場するメインキャラクターです。
この作品集では、ツァオ・ダオの住まう雄大な自然環境の影響により、生き生きとした筆の運びで、架空の生き物達が活躍する生命感溢れるファンタジー世界が描かれています。

threezero製のクロウティースのフィギュアは1/6スケールでキャラクターを再現。
布製の衣装と様々な付属品を有し、緻密な塗装を施して、アーティストのビジョンを細部の表現にまでこだわって立体化しました。
threezero公式サイトでは既にクロウティースは売り切れとなっており、現在出荷中です。
一般流通では一部の小売店でまだ取り扱い中です。
フィギュアの詳細仕様はこちらの記事をご参照ください。

以下、製品版フィギュアを用いたレビュー写真のご紹介です。

【Dick Poさんによる製品写真】

【Jingobellさんによる製品写真】

【AJさんによる製品写真】

ニーガンのレビュー写真ご紹介 その3

ウォーキング・デッド, ニーガン, レビューJapan Admin

ウォーキング・デッドより、1/6ニーガンのJingobellさんによる製品写真をご紹介!
ニーガンは現在出荷中です。
フィギュア詳細仕様はこちらの記事をご参照ください。

ニーガンのレビュー写真ご紹介 その2

ウォーキング・デッド, ニーガン, レビューJapan Admin

ToysWalkerのDick.Poさんによる1/6スケール「ウォーキング・デッド - ニーガン」の美麗画像をご紹介!
ニーガンは現在出荷中です!(お住いの地域や輸送業者により、お届け時期は前後いたします)

ニーガンのレビュー写真ご紹介

ウォーキング・デッド, ニーガン, レビューJapan Admin

小丙夢幻人偶部屋-Siuping Cinematic Figure Clubさんによる1/6スケール「ウォーキング・デッド - ニーガン」の美麗画像をご紹介!
ニーガンは現在出荷中です!

グレン・リーのプロトタイプのレビュー動画

ウォーキング・デッド, グレン・リー, レビューJapan Admin

米TVドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』より、1/6スケール「グレン・リー」のプロトタイプをToysTv 玩具TVさんにレビュー頂きました!
グレン・リーは現在threezero公式サイトにて予約販売中!
価格は通常版が178USDで、デラックス版が188USDです(threezero公式サイト販売分は、いずれも全世界対応の送料込み)。
詳細仕様はこちらの記事をご参照ください。

※開発中。最終商品とは異なる場合があります。

ゲーム・オブ・スローンズ - ホワイト・ウォーカーのレビュー動画

ゲーム・オブ・スローンズ, ホワイト・ウォーカー, レビューJapan Admin

ToysTV 玩具TV」さんによる、「ゲーム・オブ・スローンズ - アリア・スターク」1/6フィギュアのレビュー動画をご紹介!
ホワイト・ウォーカーは現在threezero公式サイトにて予約受付中です!
価格は通常版が198USD、デラックス版が208USD(いずれも全世界対応の送料込み)。
フィギュアの詳細仕様はこちらの記事をご参照ください。
※開発中。最終商品とは異なる場合があります。


▼ゲーム・オブ・スローンズ第七章 好評発売中! ―最終章へのカウントダウンー 迫りくる死の影。真の戦いが始まる。

▼イングランド史上最大のクーデター未遂事件に、首謀者の子孫キット・ハリントンが挑む!BS10 スターチャンネル独占日本初放送!